APY10万%超え!Cronosチェーンが激アツ!購入方法は?

2022年1月4日

Crypto.com Coin(CRO)はご存じでしょうか?

仮想通貨の情報を追っかけている人は、最近の急上昇で名前は聞いた事はあるのではないでしょうか?

私も最近よく見るトークンだったので気にはなっていたのですが、日本人にはあまり縁のないやつかな?と勝手に思っていて諦めていたのですが、あるタイミングで「これ熱いぞ!」そう思ったので、今回はCrypto.com Coin(CRO)の注目すべき点と購入方法を紹介しようと思います。

Crypto.com Coin(CRO)とは?

Crypto.com Coin(CRO)は「Crypto.com」と言われる取引所が発行している独自トークンです。
Crypto.comの登録はこちらから可能です。

Crypto.com Exchangeの登録
招待コード:c6gwgb3x4b

主に米国で盛り上がっている取引所のようで、2021年の12月に猛烈に急上昇して時価総額ランキングもTOP20位以内に入り一時期話題になりました。(最高値で0.9ドル)

Crypto.comは世界の取引所ランキングでもTOP20位に入るほど世界的に使用されている取引所で160種ものトークンの取り扱いがあります。あとはクレジットカードが優秀だったり独自のNFTマーケットがあったりと世界的に見たら非常に良質な取引所のようです。

しかし日本語対応は一切しておらず、日本人の登録が何故か通り辛く、日本国内ではほとんどの人が利用してないと思われます。
なので取引所自体はおすすめし難いのですが、今回着目すべき点は仮想通貨である「Crypto.com Coin(CRO)」が熱い点です。

Crypto.com Coin(CRO)はCronos chainと言われる独自のチェーンを持っており、そこでDeFiプロトコルやNFTマーケットが既に稼働しているのです。これが凄かったです。

Cronos chainが魔界すぎる

Cronos chainのDeFiプロトコルの一部は以下です。こんな感じで結構いい感じのプロトコルが出揃っていました。(初めて知った。。。)

DEXVVS finance
LendingTectonic finance
vaultsMM finance

2022/01/04時点で見る限り最大で10万%超えのAPYが出てますwwww

MM finance

でもアメリカンな感じのウォレットとかで、何か特別な仕様とかあるんだろうな。。。と思ってたのですが、Cronos chainはメタマスクでいけます!!👏

Cronos chainをメタマスクに設定

以下がメタマスクのネットワーク設定は以下です。

ネットワーク名Cronos Mainnet
新規 RPC URLhttps://rpc.vvs.finance
チェーン ID25
通貨記号cro
ブロック エクスプローラーの URLhttps://cronos.crypto.org/explorer/

これでメタマスクのみでCronos chain上のDEXなどのプロトコルに接続出来るようになります。

そしてネットワーク上のガス代で必要になる通貨がCrypto.com Coin(CRO)になります。その通貨を日本人でも購入出来る方法を以下で紹介します。

Crypto.com Coin(CRO)の購入方法

Crypto.com Coin(CRO)を購入するのにCrypto.com Exchangeと言われる取引所の登録が必要です。その取引所にUSDTを送る事で日本人でもCROを所持する事が可能です。

Crypto.com Exchangeの登録
招待コード:c6gwgb3x4b

Crypto.comのアカウントを作成すればExchangeにも直ぐログイン可能です。アカウント作成後は以下の記事を参考にしてCROの購入/送金を行なって下さい。

以上が「APY10万%超え! Cronosチェーンが激アツ!購入方法は?」でした。

DeFiプロトコルのイカれっぷりが、少し前のFantome(FTM)に似ていて、何処かのタイミングで一気に資金が入りそうな気がしてます。

しかし当然リスクも高いのでインパーマネントロスなどDeFiに関する知識は入れといた方が良いと思います。