Basic Attention Token(BAT)とは?仮想通貨を稼げるブラウザ!?【BRAVE】

2021年12月4日

皆さんBRAVEと言われるブラウザを知っていますか??

このブラウザはいつものようにインターネットを使用しているだけで仮想通貨「Basic Attention Token(BAT)」を稼ぐ事が出来ます。

そんな嘘みたいで本当なブラウザが存在します。しかも業界では既に使用され始め、比較的広いユーザーに利用されています。もちろん私も私の同僚も使用しています。

今回は、この「BRAVE」とそれに使用するBasic Attention Token(BAT)を紹介します。

BRAVEブラウザ

BRAVEブラウザの公式ページは以下です。以下のDLボタンからインストール出来ます。

https://brave.com/ja/

ブラウザの裏側の仕組みはGoogleと全く同じです。なのでいつも通りにブラウジングするだけで普通に使用出来ます。しかしBRAVEには標準で仮想通貨のウォレット機能が付いています。(インストールすればメタマスクを使用する事も出来ます。)

そしてBRAVEにはBATをを貯めて、BATを送金する機能も付いています。

例えば、ブログサイトを営んでいる運営者の記事が気に入って、お礼として何かしら投げ銭を送りたい場合など、現金では難しいのでBATを送るなどが出来ます。以下の部分をクリックすると投げ銭が可能です。

もしくは取引所と連携してBATを溜めてくことも可能です。もちろん最終的に現金化も可能です。

Basic Attention Token(BAT)とは?

BATはBRAVEでブラウジングしたユーザーに毎月配られます。

仕組みは少し複雑なのですが、概要を説明しますと以下のような感じです。

インターネットには様々な広告が存在し、その広告で広告出稿者と配信者で収益が分配されています。
この仕組みが今の広告まみれで重要な情報が見えてこないインターネットの世界を作ってしまった。この問題を解決するために、BRAVEが開発されたようです。
BRAVEでブラウジングしたユーザーは全ての広告がブロックされます。その代わりにBRAVE広告の表示がされます。BRAVEの広告では広告出稿者と配信者での収益分配では無く、そこにブラウジングしたユーザーにも収益の分配がされます。

とこんな感じです。

厳密な仕組みや細かい部分は違うかもしれませんが、「広告を見れば収益の一部をBATとしてあげるよ!」と言った仕組みになっています。

そしてこのBATは現在(2021/12/04時点)での価格は1ドル付近なので1BATで110円くらいの価値が付いています。

広告がブロックされている分ブラウザの機能面がめちゃくちゃ非常に良いです。なのでシンプルな使い易さから考えて、今後ユーザーが増えるのは時間の問題かなと考えています。

そうなると1人あたりのBATの配当割合が増えるのでおのずと価格も上がっていくかと思います。

そんな注目なブラウザ+仮想通貨です。

ちなみにBATはBINANCE(バイナンス)と言われる仮想通貨取引所で直接購入する事も出来ます。
将来に期待する人は投機目的で大きく保有しとくのもありだと思います。

Binanceの登録はこちら
招待コード:UZIUM9PZ